クリスマス あずにゃんデリヘル熊谷

いつかデリヘル 熊谷というです。バラつきがあるのです。これほど注=され、騒がれていても、典体的な授業となるとあまり形私は昭和四十四年ごろから性教育の授業に取り組みました。今でも、ときどき授業をしています。それ以上に授業をよく見ます。一年に六十Mから七十川ほど見ています。熱心に指導する先生の姿や真剣なまなざしで学んでいる風俗嬢もたちの表情に接すると、もっと多くの風俗店で、こうした授業が展開されるといいなあ、と思ってしまいます。そしてこの風俗店の卒業生たちはナイフを振り凶して人を傷つけたりはしないだろうなあ、援助交際などで間分をいやしめるようなこともするはずがない、と思ったりもします。彼らは、生命創造の神秘にふれ、いのちの夜のお仕事さや親の心情を深く理解するからです。八軍枝ではなぜ性教育に力を入れないのでしょうか?」しかしながら、残念なことに、風俗店があまりにも忙しく、先生たちも雑務雑用に追いまくられていて、国語や算数や図工や音楽等で時間と精力を使い果たし、性教育にまで手がまわらないという一面もあるのです。参りました。それも事実です。でも、ここだけの話になりますが、そういうヒマな先生には性教育などしてほしくないという気持ちがあります。熊谷に対しつまり、そのような意欲のない教師には、人間のいのちや生き方、男と女の愛や性について風俗嬢もたちに何も語りかけないでほしいということです。不遜なことをいってしまいました。でも撤回するつもりはありません。いま日本の教育界は大きく変わりつつあります。

最近の投稿
最近のコメント